自転車保険に加入する時に相談をした方がいい理由

自転車保険を正しく理解したいなら、相談してから決めよう

身近な乗り物として選ばれている自転車。自転車は自動車と違って、免許を必要とする乗り物ではありませんから、一定の乗り方を覚えたら気軽に使っている人も多いことでしょう。
この身近な自転車を乗る際に考えておきたいのが自転車保険であり、近年では相談件数が多く上がっていると言われています。
その理由は、自転車による対物、対人の事故が数多く発生しているということが挙げられます。日本損害保険会社の調べによると、平成24年には13万2,048件の交通事故が起こっており、これ以外にもカウントされていない軽度な交通事故をあるので非常に多いと言えるでしょう。

自転車保険を加入する為に相談をするということは、少しばかり大袈裟な感じがされる人もいるかと思います。しかし、実際に起きている交通事故の数を見れば、他人ごとではなく自転車を利用している人全てに必要性があると言えます。
また、自転車保険の場合は自分が被害者、加害者になるケースに対応しています。交通事故は過失、無過失を問わずに起こってしまうこともあるので、しっかり相談をして最適な自転車保険に加入をしておいた方がいいでしょう。
自転車を安全に日常生活で使うことを第一に考えて、専門機関に相談をして十分な備えをしていきましょう。

OUT LINK

もしもの時のために自転車保険には入っておきましょう。自分は起こさないと思っている方ほど加入をオススメしますよ。